Apartment SN

    proposal

    主要用途 / 集合住宅

    階数 / 地上2階

    建築面積 / 116.890㎡

    延床面積 / 222.050㎡

店舗が点在するメインストリートから脇道に入った突き当りに位置する敷地に計画された集合住宅である。JR武蔵新城駅から徒歩5分、2駅先の武蔵小杉で横須賀線と東横線に乗り換えできるため住民の多くが横浜や都心で働いている。このような環境に独身層をターゲットとしたワンルームとしてはゆったりした間取りのユニットを提案した。すべてのユニットで床面積30㎡以上を確保している。建蔽率60%の制限により発生する空き地は、なるべく住民共有エリアとして活用できるようコートヤード形式のアクセスとした。2階に上がる螺旋階段は外観上のアクセントにもなっている。
一般的に収納スペースや寝床としてロフトが人気であるが、昇降のめんどうさや夏季の熱だまりなどで利用しにくいスペースとなりがちである。2階の天井高さをより有効に活用できるよう、ロフトの変わりに収納スペースを床下に設け、日常使用される空間に高低差(450/700mm)を設けた。この高低差は内観をユニークにするだけでなく、ベンチとして、または、ワークデスクやカウンターとしても利用可能である。引っ越しが多くなりがちな単身者にとって購入家具がより少なく済む間取りは歓迎されると考えた。

新作パース
新作パース
新作パース
新作パース