House FN

    proposal

    主要用途 / 住宅

    階数 / 地上2階

    建築面積 / 77.40㎡

    延床面積 / 116.40㎡

閑静な住宅地。

バス通りを折れて
中央分離帯のある広々とした道を歩く。

道は徐々に細く⼊り組んで
⾏き⽌まりかと思った先にはさらに抜け道が、、、

その抜け道の中ほどに
ぽっかりとその家はある。

主要前面道路である⻄側私道から1.4m低いこの敷地は、隣地との⾼低差も⼩さくない。南側隣地は1.5m、東側隣地は0.85m程低くなっているため、私道から視線が気持ちよく東側隣地の畑へ抜ける。この特徴を損なわないよう、私道側の⾼さを極⼒抑える計画とした。最も低い南⻄側の屋根⾼さは私道から+0.45m程で、南側公道からアクセスする⼈の視線はその低い位置から始まる屋根の勾配に沿って空に抜ける。⽞関から建物に⼊ると天井は屋根なりに⾼くなっており、緩やかな階段を下りてLDに踏み⼊るとそれまで縦に⻑かった視界はパノラマに展開する。室への動線は全てLDを介しており、2階まで続く⻄側壁の本棚は上階との空間的な⼀体感を演出する。この背の⾼い本棚は踊り場付きの階段により有効に利⽤できる。LDと和室が⾯する中庭は、⼆つの空間を緩やかに分節し和室のプライバシーを確保する。現状態では、東側⼤開⼝からLDに充分⽇が降り注ぐが、将来の周辺環境の変化を考慮して、屋根にはトップライトを⻄側壁⾯には本棚に合わせて⼩窓を設けた。この⼩窓は⽞関アプローチへのディスプレイとしても機能する。2階には書斎と⼦供達の部屋がある。階段ホールを兼ねる書斎からは⽴ち上がった状態で下階のLDを⼀望できるが、座⾼からは腰壁により視線は遮られる。

そこにある家模型
そこにある家模型
そこにある家模型
そこにある家模型